噂の武田塾で大学受験戦略

それではセンター試験への対策について、どのような勉強を心がけていけば好調のでしょうか。まず試験に出題される問題は、どの科目に関しても、基本的な問題が主になります。

 

つまりマークシート方式を採用しているため、捻った問題を出し難いという特徴があるのです。先ほども述べたように基本的な問題が殆どとなるセンター試験は、模擬試験を通して出題傾向を調べても、やはり捻った問題は一つもないのです。

 

そのため、教科書や参考書の中でも基本的な知識に焦点をあてた勉強が最適とされ、幾つもの過去問題を解くことによる慣れが重要とされているのです。自分の得意な分野であれば、深奥知識を得るのにも満更苦労はしませんが、試験には必要としていないことを忘れないで下さい。

 

また科学や数学など、突き詰めていけば非常に奥が深奥科目ですが、これらは広く浅く勉強することが一番の対策となります。どちらかと言えば苦手な科目を浅く把握すること、試験が近くなってきたら、最終的な対策としてこちらを優先すると極上でしょう。

 

大学受験、ひいては人生を左右するかもしれないセンター試験まで十分ではないがして成功に漕ぎ着けたいと願う人は一杯でしょう。一方では英語などであれば、英単語を出来る限り暗記する、文章の構成能力よりも、こちらの方が優先されることを頭に入れておきましょう。