噂の武田塾で大学受験戦略

国公立大学の一般入試の場合、2次試験の受験資格には一定のラインが設けられている場合が多く、センター試験の成績が大きく影響することとなります。そしてこのセンター試験の成績に応じて、各大学の2次試験への大学受験資格が得られるという仕組みになっています。

 

希望する大学への受験資格を得るためには、事前にその大学に必要となるセンター試験のスコアを確認してから、受験勉強を行うことが大切です。ですから国立大学では2回、公立大学では最大で3回の受験チャンスが設けられているということになります。

 

つまりセンター試験の成績次第で、2次試験を受験できる大学が決まってしまうということになるのです。大学受験の2次試験は、国立か公立かによっても受験できる回数が異なります。

 

ただし最近では国立大学の間で前期日程のみに一本化をするという動きがあり、後期日程が廃止されているという大学もあるため注意が必要です。国立大学の場合では基本的に前期日程と後期日程の2回のみで、公立大学の場合ではさらに中期日程というものが設けられています。

 

大学受験の一般入試は、国公立大学と私立大学とでは若干異なります。まず国公立大学を受験する場合、一般入試では受験生全員が「大学入試センター試験」を受けるということが課せられています。